0888 13-04-22

c0169572_22444195.jpg



ども、ネコマです。

カブミーティングから一週間経ちました。
ハイメガ遅くなりましたがようやく記事をUPできます。
このテのモノは早くUPするもんなのですが
如何せん長文打つと時間がかかってしまう今日この頃。
まずは往路の前半戦をお送りしますー<(=・∀・=)>ニャウーン









というワケで初参加であるカブミーティング(以下カブ会議)の様子をレポートしていきたいと思います。ミーティングって言いにくいし長いんで独断と偏見とネコジャッジで縮小します(笑)なお、写真はいつものとーり縮小してお送りしております。原版は重くてしゃーないw


今回の会場は静岡県の御前崎。静岡市より南で浜松よりは北という場所。静岡方面はあまり足を運ばないのでよく解らんのですが、調べた結果片道260kmという(笑)いや、MAJIDE。往復じゃなくて片道ってところですでにブっ飛んでます。かつて北海道を放浪したときでも観光含めて一日400kmくらいが限界だったので、今回の旅が無事に成功すれば史上最高航続距離となります。まぁフツーは高速道路で行く距離でしょう。あっはっはwww


んで、お隣町に在住のカメテツさん…通称カメちゃんと一緒に行くことに。突然のアポながら快く承諾してくれてマジ感謝!一人だと絶対心折れてるし地図無いから迷う(笑)


んで、とりあえず八王子の道の駅にて待ち合わせなそうな。待ち合わせ時刻は午前4時。うひょー。小型二輪であるカブは高速道路が乗れないのでオール下道。故に時間がめっちゃかかるんですよね。しかも前日が14-23時のお仕事という(笑)カブの洗車したり旅の最終準備したら睡眠時間が2時間無いんですが…。ええい、ままよ!



c0169572_22523726.jpg





時間いっぱいまで睡眠(というか仮眠)してたのもあり、集合時刻にギリギリ到着。春先とはいえまだまだ冷えるのに待たせてしまってサーセンm(_ _)m前々からちょくちょく交流はあるものの、今回が初対面だったりします。接してみて解ったのは、礼儀正しい好青年だということ。気遣いも優れ、ある意味ブログ通りでナニヨリ(笑)これなら道中楽しくやれそうです。逆に超遠距離旅とあり珍妙アドレナリンが出てる三十路のオッサンの世話はさぞ大変だったでしょうwwwだが私は謝らない(キリッ)

ちなみにカメちゃんのカブはパッと見ノーマルのようですが、中身はハイテク機器満載の新鋭カブだったりします。カメちゃんのカブは後々紹介させてもらいますかねー。写真が暗いのはご愛嬌。まだ日の出前だから許せ(エラそうw)


八王子からはカメちゃん先導の元で出発。実はカメちゃんのカブにはガーミンのナビがついてるのです。なのでオールドタイプで地図オンリーのネコマはカメちゃんの後ろについていくことに。おかげで道中迷う事なくトコトコ進みます。スマホとは違うのだよ、スマホとは!


一路西へ向けてチンタラ進みます。流石カブ。80kmを出そうものならエンジンが悲鳴を上げます。だがそれがいい。<結構重要

しかーし!富士市あたりへ向かう途中でトラブル発生!なんとネコマのカブのリアボックスが外れるという事件が(笑)必要な荷物は頑丈そうなサイドボックスに入れておいたので大きな被害はないのが救いか…。そのまま放置というワケも行かないので来た道を少し戻ってトップボックスを回収に向かいます。教えてくれた後続車のオッサンありがとう。だが反省はしないっ(モリッ)



c0169572_22533493.jpg




難なく無事に発見。うーん、路肩の溝にジャストフィットです(笑)このリアボックス、取り付けに関してはキャリアとボックスをネジでシメるだけという超簡易仕様。カブ自身の振動と久々の長距離でネジが緩んで外れてしまったのでしょう。流石アマゾンで3980円のお品物だ、仕事が雑!……まぁ値段相応なんでしょーけどw



c0169572_22534691.jpg




そんなこんなで富士スピードウェイが近い(と思われる)道の駅で休息を取ってからまた出撃。富士山がクッキリ見えるようになってきました。今日は晴れているのでハッキリ見えます。関東平野に住んでる人間なので、山とか海が見えると地味にテンソン上がります(笑)


とりあえず静岡には入ってるものの、御前崎はまだまだ先です。信号も少なくなり山道をドコドコ進んでるとどうにも一度みたような風景がチラホラ…。走っていて納得。看板には
「富士サファリパークまであと○○km」
あぁ、ここらへん、富士サファリパークなのね。以前デートで行ったような気がします(苦笑)ほんのり淡い思い出を噛み締めながらサファリパークの前を通過。ひゅるりらー。んで、一路南へ進むんですが…



c0169572_22542245.jpg




壮麗な富士山をまさかカブで臨むとは思いませんでした(笑)前回来たときは曇ってたのですが、今回はたまに暗雲がチラホラしてるものの、基本晴れていたのでその雄姿がハッキリ拝めます。うーん、グレイツwそういえばここら辺見たことあるよーな気がしてましたが、もしかして演習場でしたっけ?富士の総合演習は一度も見たことないから、一度でいいから行ってみたい。 
※ただし今度はジェベルで(笑)



c0169572_225506.jpg




富士山を背中にしながら南へ進んでいくと今度は海沿いの道に出ます。そう国道一号線。ひたすらに暗い同人ゲーム「ナルキッソス」でもR1を進む描写が出てきたよーな。物語は暗かったですが、現実は明るい海辺の道。信号も少なく潮風もキツくなく。BGMにPiaキャロとかラムネとかサザンとかを流しながらテンソンはモリモリ上昇しながらもトコトコ進みます。BGMのチョイスが古いのは気にしない。

途中のマックでカブの先輩である雨ガエルさんのカブを見かけたよーな気がするもとりあえずスルー。さーせん、間違ってたらなんか恥ずかしいもんで…wでも僻地のマックにカブが数台並んでる&「水曜どうでしょう」のステッカーがあるカブなんてそうそう無いですよね(笑)食事のタイミングが合わなかったからお声をかけられなかったけど、次に道中で見かけたときは突撃してみようかしらん?


そしてチラホラと見えてくる「御前崎」の文字。そして明らかに「コイツもカブ会議参加者だろうな」的な他県ナンバーのカブ。まれにアホみたいなカスタムを施した妙なカブもチラホラと。いや、箱ばっかつけてる手前が言えたセリフじゃないんですけど(笑)

そんな長い旅ももうすぐ終着駅へと向かいます。眠い目をこすりながら、山を越え海を越え。されど道案内は他人任せというハイメガお気楽極楽な旅もついに目的地である御前崎マリンパークへ。
川越市川島町
のナンバーのカブが堂々と風を切って会場に参加です。どやっ!250km走ってきたカブなんてそうそうにあるまい!括目せよ!これがダ埼玉の意地だっ!!
…あ、ちなみに我々は遅刻しました(笑)モスバーガーで優雅に朝食をとってたらご覧の有様でしたとさ(爆)


ちなみに後編へと続きます。後編は静岡で出会ったキチガ…ゲフンゲフン。頭とカブのネジが3本くらいブッ飛んだカブたちを紹介していきたいと思います。


そんな日のこと。俺が…俺たちがカブだ!な日のこと。

[PR]
by Nekomatic-Spirit | 2013-04-22 23:02 | 冒険!-Adventure-
<< 0889 13-04-22 0887 13-04-21 >>