0425 12-01-25

c0169572_11165637.jpg







ども、ネコマです。

バイク最大の敵。それは寒さ。
どんなにハイなバイク乗りも凍える寒さには敵わない。
もちろん、手前も寒さには滅法弱く、冬の寒さは悩みの種。
だんだん乗らなくなってきてしまい、不穏な雰囲気…。
しかし服に関してはもうコレがほぼ限界。どうしたものか。
これはヤヴァイと思い…ついに新兵器導入!それがコチラ!



c0169572_1117302.jpg





旭風防 ライダーシリーズ No.99スポーツ
http://www.af-asahi.co.jp/wind/product/no99sp.htm

良く言えば旧車スタイルでノスタルジックでレトロながら質実剛健を思わせる硬派な大型ウィンドスクリーン。悪く言えばムダにダサくてかっこ悪い珍走団の風防(笑)これが手前の最終兵器なのです!………なんだってば!!(泣)

冬の寒さ対策に以前からウィンドスクリーンを探していたのですが、如何せん地味でダサくて人気のないジェベルにイケてるカスタムパーツなんてあるハズもなく。申し訳程度に付くワイドスクリーンしかありませんでした。しかし小型ながらお値段12000円。たかがプラスチックにも関わらず何たる値段の高さでしょう。

しかし次のバイク候補の一つ、ST250に取り付けられると知ってから事態は急変。

①あら、クラシックスタイルのST250にも付くのね。
②へぇ、これはイイカンジじゃん。見た目は古臭いけど性能はよさそうだ。冬はコレかな。
③おや?パイプハンドルならある程度は取り付け可能…つまり汎用型か。
④パイプハンドル≒バーハンドル?オフ車にも付いたりしてwwwwww
⑤え…旧式セローに付けられる…だと…。
⑥ふむ、ならばジェベルにも取り付けられるかも!レッツトライ!! ←イマココ

てなワケです。しかもお値段はアマゾンで送料込みでも6000円未満。なんというコスパでしょう。万が一、取り付け不可でも次のバイク用に取っておけばいいし。値段もバカ高い額じゃないから、ダメージも少ない……ハズ。

そんなこんなで取り寄せて取り付けてみました。



c0169572_11174885.jpg





……
………

だっせぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!

まぁ、なんということでしょう。匠の手によってぽんこつバイクがもっとぽんこつに生まれ変わりました!(笑)いや、MAJIDE。

さすがにムリがあったのでしょう。W800やらST250、エストレアなどにはピッタリのこの風防をオフロード、それもジェベルで取り付けようなんて正気の沙汰じゃないです。まぁアレです。狂気の沙汰ほど面白いってヤツでしょうか。…うん、多分違くて。

最初はこの大型の風防を見て取り付けられるか不安でしたが、汎用の名にふさわしくジェベルのバーハンドルにもシッカリとフィット。しかし残念ながら下半身のカンバス生地の布っきれは大型ライトとウィンカーがジャマして装備できませんでした。まぁメインは風防の方なんでヨシとしましょう。

んで、取り付けて暫く走ってみた結果…


すんげぇぇぇえぇぇえ…ラク!!


例えるならジョジョ四部で億泰がトニオの料理を「んまぁぁぁい!」って喰らったくらいの衝撃。もっと解りやすく例えるならターンAガンダムで御大将が「我が世の春がきたぁぁぁ!!」って叫んじゃうくらいの衝撃。まぁそのくらい凄い。

とりあえず、寒さはかなり軽減されます。いつもは風がモロに当たる胸部~腹部にかけてまったく風を感じません。まぁ多少の防風性のあるバイクジャケットを着ているというのもありますが、暖かい昼間などは胸や下腹部が暖かく感じるくらい。おそらく風の影響を受けないので、暖かいエアーがダウンの中に溜め込まれていているのかと。風大型スクリーンの恩恵、ここに極めリ。

お陰で寒さを感じなくなるのは勿論、お腹が冷えて不調になることもなければ、風の圧力からも開放されるので体力的にも助かったり。あとは寒さと風圧を感じないのでスピードが知らない間に出てることもあったり(笑)当初懸念してた取り回しも腕には干渉しないから問題ないし、視界が悪くなることも無さそうです。



c0169572_11181941.jpg




ただし、イイコトばかりじゃない。コイツの問題点。それは二つ。見た目と……音。そう、ウルサイ。と言ってもビビリ音だったりメカニカルなノイズではなく。エンジンの音です。どうやら足元のエンジンの駆動部の音が上に備え付けられた風防に反射して、エンジンノイズが増幅するようです。なので、走行中にエンジンの音が大きく(カン高く)聞こえるので、
「あれ?低いギアで走ってたっけな?」
てな錯覚もチラホラと。バイクの車体の影響もあるとは思いますが、静かに走りたい方にはちょっとマイナスかもしれません。

とは言え大型のスクリーンが遮る風はライダーに大きな影響を与え、走りの楽しさを再認識させてくれるのは間違いありません。おかげでここ最近雨の日以外は全てバイク出勤ですが、寒さを苦としたことは一度もなかったり。見た目で敬遠している方も居るかと思いますが、コレはマジでオススメ。これはもう、冬には手放せないアイテムになりそうです。

そんな日のこと。ハイパー実用スペシャルwな日のこと。
[PR]
by Nekomatic-Spirit | 2012-01-25 11:18 | 鋼鉄の相棒-トモ-
<< 0426 12-01-26 0424 12-01-24 >>